糖尿病の治療について

糖尿病は治療と生活リズムの改善で治すもの

コンテンツタイトルアイコン

糖尿病を患ってしまった場合、当然治療が必要になります。
治療をすることで合併症を防ぐことができるのです。
もちろん治療だけではありません。普段の生活リズムの改善も余儀なくされますので、糖尿病を抑えるのはとても大変です。
その治療法についてまとめました。

糖尿病治療1:インスリン投与

一般的な治療はインスリンです。 糖尿病にかかると血糖値を下げる役割を持つインスリンが減少してしまいます。そのせいで血糖値が上がってしまうのです。
インスリンは自然に生成されなくなってしまいますので、病院で処方されたインスリンを直接体内に入れていく必要があります。
インスリンが入った注射器を定期的に腕に刺し、体内に注入するのです。
注射が苦手だという人も中にはいるかもしれませんが、インスリン注射は糖尿病治療で避けては通れない道です。 そこは要我慢です。

しかし、早い発見ですと、インスリン治療ではなく、以下の食事療法や運動療法で治療を行うことがあります。

糖尿病治療2:食事療法

糖尿病を悪化させないために食事療法が課せられます。
決まった食材を使った食事を余儀なくされ、今まで食べてきていた脂っこいものや肉類、甘いモノが制限されてしまうのです。
苦痛に感じるかもしれませんが、糖尿病を悪化させないためにも食事制限は必須なのです。

糖尿病治療3:運動療法

運動不足も糖尿病の立派な原因ですので、適度な運動を課せられます。
運動の種類はなんでも構いません。ウォーキングでもランニングでも、球技に勤しんでもOKです。ただし、毎日同じ時間を行うことが大切です。
毎日行うものなので、誰かを誘ってはできません。一人でできる運動を選ぶといいでしょう。
きつすぎず、楽すぎない運動を選んで、毎日実践することが運動療法なのです。

PAGE TOP▲